「手数料の安いファクタリング会社を教えて!」

 

ファクタリング会社を選ぶときに気になるのがファクタリング手数料。売上債権の期日まで待っていれば受け取れるだった現金が少なくなってしまう、いわば

 

無駄な経費

 

ですので、できるだけ手数料が低いファクタリング会社を選ぶのは経営の鉄則ですね。

 

ここでは手数料の低いファクタリング会社を紹介していきますね。

 

手数料が低いおすすめファクタリング会社3選

手数料が低いおすすめのファクタリング会社は以下の通りです。

 

三共サービス

 

三共サービスのファクタリング概要

運営会社 株式会社三共サービス
設立年 2001年
営業時間 平日9:00〜19:00(WEB24時間)
本社所在地 東京都
資金化スピード 最短2日
取扱金額 50万円〜3,000万円
ファクタリング手数料 3社間:1.5%〜7%
2社間:10%〜20%

 

三共サービスの特徴・管理人のレビュー

  • 手数料が業界最安値の1.5%〜(3社間取引時)
  • 長年のファクタリング実績で高い信頼性
  • 厳しい審査でしっかり査定

 

三共サービスの特徴は何と言ってもファクタリング手数料の安さ。色々なファクタリング会社がありますが、1.5%というのは他には無い破格の手数料と言っていいでしょう。

 

はっきり言ってファクタリング手数料は無駄な経費。徹底的に削除するのが正しい経営判断ですよね。

 

また、審査が厳しくしっかりと売掛先を査定しており、なおかつ20年近くもファクタリングサービスを提供しているという高い信頼性に基づく安心感があります。

 

その分審査に時間がかかるため即日の入金には期待できませんが、手数料を安くしたい経営者様、信頼できるファクタリング会社を探している経営者様にぴったりです。

 

 

JTC

 

JTCのファクタリング概要

運営会社 株式会社JTC
設立年 2013年
営業時間 8:30〜21:00(土日も対応可能)
本社所在地 愛知県
資金化スピード 最短即日
取扱金額 100万円〜1億円
ファクタリング手数料 3社間:2%〜5%
2社間:10%〜20%

 

JTCの特徴・管理人のレビュー

  • 利用条件があるものの高価買取を実現
  • 土日対応可能
  • 最短即日の資金調達が可能

 

JTCは利用条件が定められており、利用するハードルが高いものの、高価買取をしてくれることで評判のファクタリング会社です。

 

JTCの利用条件

  • 年商7,000万円以上の法人
  • 最低取引額は100万円以上

 

ファクタリング会社には珍しくテレビCMを流すなどファクタリングの知名度アップ・好感度アップにも貢献しています。

 

また、土日でも対応してくれるのが他社と違うところで、土日にファクタリング契約を結ぶことも可能です。

 

利用条件に該当するのであれば、ぜひ一度相談してみることをおすすめします。

 

 

ビートレーディング

 

ビートレーディングのファクタリング概要

運営会社 株式会社ビートレーディング
設立年 2012年
営業時間 平日9:30〜19:00(WEB24時間)
本社所在地 東京都
資金化スピード 最短即日
取扱金額 100万円〜3億円
ファクタリング手数料 3社間:3%〜5%
2社間:10%〜20%

 

ビートレーディングの特徴・管理人のレビュー

  • コンサルティング業務もやっており資金繰りの経営相談ができる
  • 小口債権であれば即日入金も可能
  • 最大3億円までの高額買取に対応

 

ビートレーディングの特徴を一言で表すなら、「バランスの取れた長くお付き合いのできるファクタリング会社」です。

 

ファクタリングは目先の資金調達にとらわれがちですが、それでは根本的な資金繰りの解決にはなりません。

 

ファクタリングはある意味「麻薬」のようなもので、一回使うとまた使わざるを得なくなり最終的にはどうにも立ち行かなってしまうという例を多く見てきました。

 

ビートレーディングは他のファクタリング会社とは異なり、無理なファクタリングは勧めず資金繰りをどう改善していったらいいかというコンサルサービスを提供してくれます。

 

資金調達企業の目線に立ったアドバイスを受けられるので、圧倒的に顧客満足度も高いのもうなづけますね!

「即日入金」「3億円までの高額買取に対応」といった特徴もありますが、一番の特徴はやはりコンサルサービス。

 

特に資金繰りに深い悩みを抱えている経営者様に利用して欲しいファクタリング会社です。

 

 

見積もりをしてみないと手数料はわからない

ここまで、手数料が安いファクタリング会社を紹介してきたのですが、実際のファクタリング手数料は見積もりをしてみないとわからなのです。

 

ファクタリング手数料は以下のような要素を総合的に判断して決まるものだからです。

 

  • ファクタリング債権の売掛先の信用度
  • ファクタリング自体の利用履歴
  • ファクタリング会社の利用履歴
  • 経営者の信頼性・誠実さ
  • ファクタリング会社の審査ポイント
  • ファクタリングの種類は2社間か3社間か?

 

ファクタリング会社によって得意な業種や審査の重視ポイントが異なりますので、ファクタリング対象の売上債権によって手数料は違ってくるのです。

 

重要なのは複数社の見積もりを取ること

ファクタリング会社によって手数料水準は変わってきますので、少しでも安い手数料のファクタリング会社を探すために大切なのが、

 

複数社の見積もりを取ること

 

です。上記で紹介したファクタリング会社に全て見積もりを依頼するのが良いでしょう。

 

または、1社1社に問い合わせを行うのが面倒くさいという人は「資金調達プロ」という一括見積もりサービスを利用しましょう。

 

たった10秒の入力で、どれぐらいの資金が調達出来るのか?どんなファクタリング会社が自社の状況に合っているのか?必要な手数料はどのくらいなのか?なのかがわかる一括見積もりサービスです。

 

手数料の安いファクタリング会社まとめ

手数料の安いファクタリング会社選定ポイント

この記事では、手数料の安いファクタリング会社を紹介してきました。

 

何度も言うようですが、ファクタリング手数料は色々な条件が複雑に絡み合って決まるものです。

 

なので、ここならファクタリングを利用しても良さそうかなぁと言う会社があればとりあえず見積もりをお願いしてみることが手数料を安く済ませるコツです。