「今すぐ事業資金が必要なんです!」

 

そんな状況に陥った経営者様の救世主的な存在なのが、ファクタリング。売掛金を持ってさえいれば最短即日で現金を受け取ることができるという画期的なサービスですね。

 

他の資金調達手段では考えられないスピードで現金化を行うことができますので、資金繰りに苦しい時に本当に重宝します。

 

ただ即日資金調達を行うためには、ファクタリングの必要書類を準備しておくことが重要です。必要な書類が提示できないと即日入金は夢と消えてしまいます。

 

なので、ファクタリングを利用しようかなぁとちょっとでも思っているのであれば、必要となる書類だけでも先に集めておいて、いつでもファクタリングができるという準備をしておくといいでしょう。

 

この記事ではファクタリングを受ける際に必要となる書類を必要となる理由とともにまとめておきますね!

時間的な余裕が少なく、事業資金を今すぐ調達したい、売上債権をどのくらいの金額で買い取ってもらえるか一刻も早く知りたいという経営者様には、たった10秒で簡単に無料診断できるサービスを紹介しています。無料診断後、資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください。

 

スムーズに即日ファクタリングを行うために必要なこと

最短即日で資金調達を行えることがファクタリングの大きなメリットですが、即日資金化するのは、そんなに簡単なことではありません。スムーズに即日現金化するためには以下の3つを心がける必要があります。

即日資金調達を受けるための留意点

  1. 必要となる書類を用意しておく
  2. 午前中に申し込みを行う
  3. 支払いに滞りがある債権は回避すること

必要となる書類を用意しておく

ファクタリングには審査が必要となりますので、審査を行う際に使用する書類を予め用意しておかないと審査が始められません。

 

どんなにファクタリング会社が頑張っても必要な書類がないと審査が進みませんので、ファクタリングに必要となる書類は前もって準備しておきましょう。

 

逆に必要書類が少ない、別に出さなくても問題ないというファクタリング会社は高い確率で悪徳会社です。しっかりと審査を行ってくれるファクタリング会社に頼んだ方が良いです。

 

午前中に申し込みを行う

即日の資金調達がしたいのであれば、午前中に申し込みを行うようにしましょう。

 

審査には一定の時間がかかります。スピードに定評があるビートレーディングであっても3時間程度は見ておく必要があります。

 

また、入金は原則銀行振込で行いますので、15:00を過ぎてしまうと即日の資金調達はできません。なので午前中のできるだけ早い時間に申し込みを行うようにしましょう。

 

支払いに滞りがある債権は回避すること

即日の資金調達を行いたい場合には、過去の支払い実績に問題がない優良債権を持ち込むようにしましょう。

 

時間があれば、支払いに難がある売掛先の債権をファクタリングに出す価値はあるのですが、支払いに問題がある債権は当然ながら、ファクタリング会社の審査に時間がかかります。

 

また、最悪の場合には「買取NG」となったり、足元を見られて相当な手数料を取られてしまう可能性もあります。

 

ファクタリングの必要書類

ファクタリングを行う際に必要となるのは以下の書類です。

ファクタリングの必要書類

  1. 商業登記簿謄本(1通)
  2. 印鑑証明書(3通)
  3. 決算書(直近3年分)
  4. 税務申告書(直近3年分)
  5. 売掛先との基本取引契約書
  6. 売掛金根拠資料
  7. 入金実績確認資料

それぞれなぜ必要となるかについて説明していきますね。

 

商業登記簿謄本と印鑑証明書

商業登記簿謄本と印鑑証明書は、契約書に捺印する印鑑が実印であることを証明するために必要となります。

 

ファクタリング会社によっては、併せて身分証明書や住民票を要求される場合もありますので、不安な方はこちらも事前に用意しておくと良いでしょう。

 

決算書と税務申告書

決算書や税務申告書は大体直近3年分が必要となります。これらの書類は、会社の業績やどんな会社なのかを把握するために使われています。

 

ファクタリング会社が審査する対象となるのは、あくまでも売掛先の信用力であり、資金調達企業の財務状況はそこまで大きな影響を与えることはありません。

 

なので、赤字や債務超過であっても特段問題はありませんので、安心して提出しましょう。

 

売掛先との基本取引契約書

対象となる売掛先と基本取引契約がある場合には提出が求められます。継続して取引を行っていることを見るために要求されているものです。

 

中には「そんな契約結んでないよー」という場合もあると思いますので、その場合にはその旨をファクタリング会社に伝えましょう。納品書で相手先が商品を受領したことが確認できれば大丈夫なことが多いです。

 

売掛金根拠資料(注文書や納品書、請求書)

ファクタリングを行う売掛金に関連する一連の資料を提出することになります。

 

その売掛金が実在すること、また売掛金の金額や入金日を確認する根拠として使用されるものです。

 

入金実績確認資料(通帳や当座勘定照合表)

過去継続して取引を行っている得意先に対する売掛金の譲渡の場合には、通帳や当座勘定照合表で過去遅滞なく入金が行われていることを証明するために求められます。

 

ここで過去入金が遅れていたり、回収できていない金額がある場合にはファクタリングが行えない可能性もあります。確実に資金調達を行いたい場合には、過去回収に問題のない優良債権を持ち込むようにしましょう。

 

この記事のまとめ

この記事をおさらいしておきましょう。

まとめ

  1. 即日ファクタリングを行うためのポイント
    ・必要となる書類を用意しておく
    ・午前中に申し込みを行う
    ・支払いに滞りがある債権は回避すること
  2. ファクタリングの必要書類
    ・商業登記簿謄本
    ・印鑑証明書
    ・決算書
    ・税務申告書
    ・売掛先との基本取引契約書
    ・売掛金根拠資料
    ・入金実績確認資料

ここでは、即日資金調達を行いたい場合に必要となる書類を紹介しました。

 

繰り返しになりますが、即日ファクタリングを利用したいのであれば、事前に必要書類を揃えておくことはマストです。

 

また、なぜその書類が必要なのかを知っておくことで、審査のポイントがわかり、ファクタリング会社から質問を受けた場合にも的確に答えることができ、審査に通る可能性が高まります

 

ファクタリングを利用する可能性が少しでもあるのなら、ぜひ早め早めに準備を進めていって欲しいと思います。