「資金調達手段を検討しているんだけど、手形割引とファクタリングってどっちが良いのかわからない。」

 

よく混同されるのがファクタリングと手形割引。似たようなものなので、そんなに変わらないでしょ?と思う経営者様も多いようです。

 

でも調べてみるとわかるのですが、手形割引とファクタリングは異なる点が多く、リスクも違えば資金調達にかかる日数も全然違います。

 

ということでこの記事では、手形割引とファクタリングの違いについて徹底比較していきます。

時間的な余裕が少なく、事業資金を今すぐ調達したい、売上債権をどのくらいの金額で買い取ってもらえるか一刻も早く知りたいという経営者様には、たった10秒で簡単に無料診断できるサービスを紹介しています。無料診断後、資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください。

 

資金調達手段としてのファクタリングと手形割引

まずは、ファクタリングと手形割引とはなんぞや?ということをそれぞれ簡単に説明していきます。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは資金調達手段の一種で、保有する売掛金を「譲渡」して資金調達を行うものです。

 

期日前に資金回収を行いたい場合に利用することになりますが、通常より早く資金を回収できるため、手数料を払う必要があります。

 

手形割引とは?

そもそも手形割引の「手形」は一般的に「約束手形」のことを指します。この約束手形とは「あらかじめ定められた期日に定められた金額を支払う」約束を銀行との間で交わしたものです。

 

で、この約束手形を割り引いて資金調達を行うことを手形割引と言います。この手形割引、仕組みは以下のようになっています。

 

 

手形割引の本質は、手形を担保とした融資です。融資であるため、「償還(リコース)義務」が付いており、万が一担保に出した手形が不渡りとなり回収ができなくなった場合には、あなたの会社が代わりに支払う必要があります。

 

手形割引とファクタリング比較表

手形割引とファクタリングはどちらも売上債権を金融機関あるいはファクタリング会社に渡して、資金調達を行う方法です。

 

しかし、その内容には以下のような相違点があります。

 

手形割引 ファクタリング
対象債権 受取手形 売掛金
調達時間 2〜3週間 最短即日〜数日
審査項目 自社の信用リスク 売掛先の信用リスク
資金調達コスト 2%〜5% 2%〜30%程度
不渡りリスク あり 不要
リコース 有り 無し

 

手形割引とファクタリングの相違点について詳細に解説していきます。

 

ファクタリングと手形割引の違い

ファクタリングと手形割引による資金調達の概要を理解したところで、次に相違点について説明していきます。相違点を見ながら、どちらが自社の資金需要に合っているかを想像してみてくださいね。

 

資金調達日数はファクタリングの方が早い

まず資金調達日数を比較してみると、ファクタリングの方が圧倒的に早いです。

 

  • ファクタリング:最短即日〜数日
  • 手形割引:2〜3週間

 

と、ファクタリングの方が「今すぐ資金が必要」というニーズを満たすことができる資金調達手段と言えます。

 

ファクタリングの場合には売掛先の信用力を審査すれば良いのに対して、手形割引は手形振出先に加えて、資金調達企業の財務状況もチェックしなければならないため、時間がかかるのです。

 

手形割引は償還義務がある

ファクタリングは「債権譲渡」であり、言い方は悪いですが、売ってしまえば後は売掛金が焦げ付こうが知ったこっちゃありません

 

譲渡した売掛金が回収不能となっても、返済義務はないので、債権を譲渡して現金が入金された瞬間にもう全てのリスクから解放された状態になります。これを専門用語で「償還義務がない」「ノンリコース」と言ったりもします。

 

一方、手形割引は手形を担保とした「借り入れ」です。そのため、手形振出企業が期日に支払いを行えなかった(不渡りを出した)場合には、今度は金融機関は当社に支払いを求めてきます

 

このようにファクタリングは「償還義務がない」のに対して、手形割引は「償還義務がある」のが大きな違いです。

 

手数料はファクタリングが高い

ファクタリングは早期に資金を回収でき、償還義務が無くなることに対する手数料をファクタリング会社に支払う必要があります。

 

手形割引では、手形を担保とした融資ですので、金利部分を「手形売却損」として金融機関に支払います。

 

そのため、どちらの資金調達方法によっても手数料がかかることに違いはないのですが、ファクタリングの方が手数料は高くなります

 

  • ファクタリング:2%〜30%
  • 手形割引:2%〜5%

 

手数料を安く済ませたい場合には手形割引が良いのですが、上述したように手形割引は償還義務がありますので、そこのリスクをどう考えるか次第です。

 

資金調達企業に対する審査が甘いのはファクタリング

資金調達企業に対する審査が甘いのはファクタリングです。ファクタリングはあくまでも債権譲渡であり、ファクタリング会社が興味があるのは「売掛先から資金が回収できるか」という1点のみです。

 

一方、手形割引では、実質的には借り入れと同じであるため、金融機関や売掛先の信用力だけでなく、資金調達を行う企業の財務状況も審査をする必要があります。

 

ファクタリングであれば、以下のような状況に陥っても資金調達を行うことが可能です。

 

  • 赤字決算で将来計画が描けない
  • 債務超過に陥っている
  • 税金や従業員給与を払えない
  • 銀行審査に通らない
  • 借入金をリスケ中

 

ファクタリングと手形割引のどっちを選ぶかの判断基準

ここまで、ファクタリングと手形割引の違いを説明しました。どちらを選べば良いかまだ決められないよ!という人のために、どちらを選べば良いかの判断基準を2つ紹介していきます。

1.資金が必要な緊急度を考える

資金が今すぐ必要なのか、2週間から2週間程度は余裕があるのかという資金需要の緊急度を考えましょう。

 

ファクタリングは最短即日から数日以内には資金調達をすることができる一方、手形割引の場合は行内審査がある関係で2週間から3週間はかかるケースが多いです。

 

  • 今すぐ資金が必要→ファクタリング
  • 少しは時間的余裕がある→手形割引

となります。

 

2.自社が銀行審査に通る財務状況かを検討する

2つ目の判断基準は「自社が銀行審査に通る財務状況か」を冷静に検討することです。ファクタリングは売掛先の信用力を審査しますので、自社の財務状況とは無関係に資金調達をすることができます。

 

しかし手形割引の場合には、手形振出企業の財務状況とともに、自社の財務状況も大きな判断要因となり、

 

  • 赤字決算で将来計画が描けない
  • 債務超過に陥っている
  • 税金や従業員給与を払えない
  • 銀行審査に通らない
  • 借入金をリスケ中

 

といった場合には資金調達は難しいでしょう。

 

  • 自社の財務状況が良くない→ファクタリング
  • 審査に耐えうる財務状況である→手形割引

となります。

 

この記事のまとめ

まとめ

  1. 資金調達手段としてのファクタリングと手形割引
    ・ファクタリングは債権を譲渡して資金調達を行うもの
    ・手形割引は約束手形を担保として借り入れを行うもの
  2. ファクタリングと手形割引の違い
    ・資金調達日数はファクタリングの方が早い
    ・手形割引には償還義務がある
    ・手数料はファクタリングが高い
    ・資金調達企業に対する審査が甘いのはファクタリング
  3. ファクタリングと手形割引の選択基準
    ・資金が必要な緊急度を考える
    ・自社が銀行審査に通る財務状況か検討する

この記事ではファクタリングと手形割引について違いを説明してきました。

 

私見を交えると、手形割引を利用するよりファクタリングを利用した方が良いと思います。なぜなら、手形の償還義務は発動されてしまうと企業にとって大きな負担となるためです。

 

また、現代では受取手形よりも売掛金での支払いの方が一般的なので、そもそも割り引く手形が手元に無いという場合も多いのでは無いでしょうか?

 

大手金融機関との手形割引であれば良いのですが、手形振出企業の財政状態があまり良く無いと民間の手形買取業者に頼るしか無いのですが、その場合、ファクタリングと同様の高い手数料を提示してくることも多いです。

 

であれば、スピーディーに資金調達を行えて償還義務がないファクタリングを利用した方が良いのではないでしょうか。

 

ファクタリングと他の資金調達手段比較記事

こちらの記事も参考にどの資金調達手段を利用すべきか検討していきましょう!

ファクタリング会社選びに迷ったら・・・

当サイトでは、貴社の状況に最適なファクタリング会社を見つけることが可能な無料診断サービスをご紹介しています。

たった10秒の簡単な入力でどれぐらいの資金が調達出来るのか?どんなファクタリング会社が最適なのか?必要な手数料はどのくらいなのか?がすぐにわかるとても便利なサービスです。資金繰り解消の為のファクタリング会社探しにご利用ください。

注意資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかって参りますので、資金調達の件をご相談をください。