徹底比較!ファクタリング会社ランキング!

経営者の皆様、こんなお悩みはありませんか?

・銀行の審査が通らず資金繰りに困っている
・銀行から貸し剥がしにあった
・今すぐに事業資金が必要だ
・赤字決算でビジネスローンの借入が厳しい
・従業員給与が払えない
・税金が未納の状態が続いている
・債務超過に陥っており、銀行融資が受けられない

上記のような状況に陥っている経営者様!!

 

「ファクタリング」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ファクタリングとは、お持ちの売掛債権を「ファクター」と呼ばれる会社に譲渡し、お金をすぐに受け取ることができる資金調達方法です。すぐに事業資金が欲しい!という時に非常に便利なものですが、意外とその正しい使い方や活用方法が知られていません。

 

当サイトでは、ファクタリングの基礎知識や活用方法を紹介していきますので、ファクタリングに興味のある経営者様はぜひご覧になっていってください。

 

とにかく時間が無い!まずは話だけでも先にしたい!という経営者様は、一刻も早く問い合わせをしましょう。当サイトで紹介するおすすめのファクタリング会社を先に一部お見せしますね。

 

おすすめファクタリング会社ランキング

最短即日〜2日で現金化可能なファクタリング会社を3つ厳選しました。また、どのファクタリング会社が良いかよく分からない、少しでも高く債権を買い取ってもらいたいという場合には、複数のファクタリング会社に一括して見積りができる「資金調達プロ」を利用すると良いでしょう!

 

1.最短2日で現金化可能で手数料が安い「三共サービス」

・現金化スピード:最短2日 ・取扱額:50万円〜3,000万円

最短2日で現金化ができ、他と比較すると手数料の下限も安い人気のファクタリング会社です。

三共サービスについて詳しく見る

2.最短即日現金化可能な「ビートレーディング」

・現金化スピード:最短即日 ・取扱額:100万円〜3億円

最短即日、3億円までの高価買取にも対応。コンサルティング業務もしているので経営相談も可能なファクタリング会社です。

ビートレーディングについて詳しく見る

3.ファクタリング会社一括見積りができる「資金調達プロ」

・現金化スピード:最短即日 ・取扱額:100万円〜1億円

たった10秒でファクタリング会社間の相見積りを取得。高く債権を買ってくれるところが簡単に見つかります。

資金調達プロについて詳しく見る

 

ファクタリングては?種類とメリット、デメリット

ということで、そもそもファクタリングって何?という話から始めていきますね。

Wikipediaによれば、以下のように説明されています。

 

ファクタリング (factoring) とは、他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスを指す。

 

と言っても、これだけではよく分かりませんよね(笑)

 

簡単に言えば、あなたが持ってる売掛債権を回収前に買い取ってくれるサービスのことです。期限前に買い取ってくれ、回収リスクをファクタリング会社が負うことになるので、手数料を払って売掛債権を買い取ってもらうことになります。

 

まずはファクタリングの仕組みや利用するメリット・デメリット、他の資金調達手段との違いについてわかりやすく詳細に説明していきますね。

 

ファクタリングは6種類!その仕組みを解説

ファクタリングは、

 

  1. 関連する会社の数
  2. 買取債権の種類
  3. 債権の買取か保証か

 

の3点により、大きく6種類に分けることができます。

 

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、自社とファクタリング会社の2社間で行われるファクタリングのことを言います。

2社間ファクタリングの流れ

  1. 商品の販売またはサービスの提供で売掛債権が発生
  2. ファクタリング会社により売掛債権の審査が行われる
  3. ファクタリング会社と自社でファクタリング契約を締結
  4. ファクタリング会社から自社に手数料を差し引いた売掛債権買取金が支払われる
  5. 売掛先から自社に売掛代金が入金される
  6. 自社からファクタリング会社に売掛代金を支払う

2社間ファクタリングの場合、自社とファクタリング会社だけの取引になるので、売掛先にバレずに売掛債権を現金化することができます。

 

一方、ファクタリング会社としては、自社が売掛代金を支払わないリスクを抱えることになるので、手数料は高めになってしまいます。

 

2社間ファクタリングについて詳しく見る

 

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、自社とファクタリング会社、売掛先の3社間で行われるファクタリングのことを言います。

3社間ファクタリングの流れ

  1. 商品の販売またはサービスの提供で売掛債権が発生
  2. ファクタリング会社により売掛債権の審査が行われる
  3. ファクタリング会社と自社でファクタリング契約を締結
  4. ファクタリング会社から自社に手数料を差し引いた売掛債権買取金が支払われる
  5. 売掛先からファクタリング会社に売掛代金が入金される

2社間ファクタリングとの違いは、売掛先からファクタリング会社に売掛代金が直接入金される点です。

 

ファクタリング会社は売掛先の信用リスクのみ考えておけば良いので、2社間ファクタリングに比べて安くなります。

 

一括回収ファクタリング

一括回収ファクタリングは、支払い会社側からファクタリング会社に申し込むファクタリングの形式を取ります。支払会社側は支払手形の発行コストや管理コストを削減できるといったメリットを受けることができます。また、債権者側も手形の支払いサイトは長くなりがちなのですが、ファクタリング会社を挟むことで、いつでも売上債権を現金化できるというメリットがあります

保証ファクタリング

売掛債権をファクタリング会社が保証してくれるサービスを保証ファクタリングと言います。主に中小企業が大企業と取引を行う時などに利用されるもので、大企業は貸し倒れリスクを防ぐことができるので、取引に前向きになってくれるというメリットがあります。売掛金の回収が長期になる建設業者などを中心に活用されています。

国際ファクタリング

海外取引を行う会社が「輸出」をする時に、輸出代金を確実に回収するために利用するファクタリングを国際ファクタリングと言います。国際ファクタリングでは世界各国のファクタリング会社が連携して債権を買い取り、安全に輸出取引が行われるように協力してくれます。

 

医療報酬債権ファクタリング

医療機関や介護施設、クリニックが利用する医療版の3社間ファクタリングを医療報酬債権ファクタリングと言います。医療機関が国民保険や社会保険に対して請求する債権に対してファクタリングを利用するものですが、「国保や社保」は倒産の可能性が非常に低いため、手数料も安くなるのが特徴です。

 

ファクタリング活用方法

次にファクタリングのメリットとデメリットを紹介していきます。メリットとデメリットをしっかりと把握した上で利用していきましょう!

 

ファクタリングのメリット

まずはファクタリングのメリットです。

 

  • 早期現金化による資金繰りの改善
  • 売掛債権のオフバランス化によるバランスシートのスリム化
  • 自社が赤字や債務超過でも資金調達可能
  • 保証人や担保が不要
  • 売掛先が倒産しても支払い義務を負わない
  • 取引先に知られずに売掛金を現金化(2社間ファクタリングの場合)

ファクタリングのデメリット

続いてファクタリングのデメリットです。

 

  • ファクタリング会社への手数料がかかる
  • 売掛先への通知が必要となる(3社間ファクタリングの場合)
  • 債権譲渡登記が必要となることがある
  • 売掛債権を超える金額の資金調達はできない

ファクタリングを利用して効果がある企業の状況

ファクタリングを利用して効果が高いのは、以下のような状況に陥っている企業です。

 

  • 銀行返済のリスケジュールを行なっている
  • 赤字決算や債務超過の状態で追加の借入れが困難
  • 銀行によるビジネスローンが受けられない
  • 仕入れ先への支払いが追い付かない
  • 従業員への給料が払えない

 

ファクタリング手数料と費用

経営者としては、ファクタリングを利用するとどのくらいの手数料がかかるかは気になるところ。ファクタリング手数料は「売掛債権の信用力」「売掛債権の規模」「2社間or3社間」「利用実績の有無」を総合的に判断して決まるものなので、一概には言えないのですが、大体以下のような手数料に落ち着くことが多いです。

 

ファクタリングの手数料目安

2社間ファクタリング 10%〜30%
3社間ファクタリング 2%〜5%

 

見ていただくと一目瞭然ですが、2社間ファクタリングの手数料の方が圧倒的に高いです。

 

手数料が高いのは2社間ファクタリング

これは2社間ファクタリングの方がファクタリング会社にとってリスクが高いからです。

 

2社間ファクタリングの場合、売掛先からの回収債権はファクタリングを利用する会社が回収してファクタリング会社に送金することになりますが、

  • 対象債権の使い込み
  • 持ち逃げ
  • 債権の二重譲渡

といったリスクがありますので、手数料が高く設定されているのです。

 

ファクタリングと他の資金調達方法との比較

ファクタリングについてもう一歩深く理解してファクタリングを利用するかの判断を行うために、他の資金調達方法と比較していきます。

 

銀行融資とファクタリングの比較

銀行融資とファクタリングの違いは以下の通りです。

 

銀行融資 ファクタリング
調達時間 1週間〜1ヶ月 最短即日〜数日
審査項目 自社の信用リスク 売掛先の信用リスク
資金調達コスト 2〜6%程度 2〜30%程度
保証人 必要 不要
担保 必要なことも 不要
リコース 無し 無し

 

手形割引とファクタリングの比較

手形割引とファクタリングの違いは以下の通りです。

 

手形割引 ファクタリング
対象債権 受取手形 売掛金
調達時間 2週間〜3週間 最短即日〜数日
審査項目 自社の信用リスク 売掛先の信用リスク
資金調達コスト 2%〜5%程度 2%〜30%程度
不渡りリスク あり 不要
リコース 有り 無し

 

でんさいとファクタリングの比較

でんさいとファクタリングの違いは以下の通りです。

 

でんさい ファクタリング
調達時間 2週間〜3週間 最短即日〜数日
債権の性質 電子登録債権 売掛債権
資金調達コスト 数千円 2〜30%程度
契約形態 でんさいネットでの契約 1対1での契約
リコース スキームによる 無し

 

売掛債権担保融資とファクタリングの比較

売掛債権担保融資とファクタリングの違いは以下の通りです。

 

売掛債権担保融資 ファクタリング
調達時間 2週間〜3週間 最短即日〜数日
審査項目 売掛先と自社の信用リスク 売掛先の信用リスク
資金調達コスト 5〜10% 2〜30%程度
保証人 不要 不要
担保 必要 不要
リコース 有り 無し

 

ファクタリングの流れと必要書類

他の資金調達方法と比較して、ファクタリングの優位性や欠点がお分かりいただけたのではないかと思います。

 

次に、実際にファクタリングを利用する際に必要となる書類と利用する流れなど、経営者がファクタリングを利用するときに知っておくべきことについて見ていきましょう。

 

ファクタリングの必要書類

ファクタリングサービスを受けるためには必要書類を用意する必要があります。特に資金繰りが厳しく、すぐにでも現金化したい場合には、スピーディーに取引を行うために、予め用意するようにしましょう。

ファクタリングの必要書類

  1. 商業登記簿謄本と印鑑証明書
  2. 決算書や確定申告書(直近3年度分)
  3. 売掛先との基本取引契約書
  4. 対象となる売掛債権に係る証憑(注文書や請求書など)
  5. 過去の入金が確認できる資料

 

ファクタリング契約の流れ

ファクタリング契約は一般的に以下の5ステップで行われます。

Step1:ファクタリング会社への問い合わせ・申し込み

ファクタリング会社に問い合わせをした上で説明を受け、同意する場合には申し込みを行います。

Step2:ファクタリング会社による仮審査

ファクタリング会社による簡単な仮審査が設けられています。ここでは、ファクタリングを受ける売掛債権規模や入金希望時期、ファクタリング資金の使用使途について聞かれます。

Step3:ファクタリング会社による本審査

本審査では売掛債権の回収可能性について重点的に審査が行われます。売掛先の信用力だけでなく、貴社の誠実性も審査を通るかどうかの重要ポイントですので、入念な準備をした上で対応するようにしましょう。

Step4:ファクタリング契約書の確認・捺印

審査が終われば、貴社とファクタリング会社、売掛先の間でファクタリング契約が結ばれます。契約書の内容に目を通し、署名・捺印をします。

Step5:ファクタリング代金の入金

契約の締結が済んだ後は指定の口座にファクタリング代金が振り込まれます。売掛金の金額から手数料が差し引かれた金額が入金されます。

 

ファクタリングの会計処理、税務処理、財務指標

ファクタリングの仕訳と会計処理、税務に与える影響を正しく理解しましょう。

 

会計処理(仕訳):売掛金の早期現金化

借方 貸方
①売上債権発生時 売掛金 1,000万円 売上 1,000万円
②ファクタリング契約締結 未収金 1,000万円 売掛金 1,000万円
③入金時 現金
売上債権売却損
900万円
100万円
未収金 1,000万円

 

  1. 商品の販売やサービスの提供により「売上」と「売掛金」が発生
  2. ファクタリング契約を締結すると、「売掛金」が無くなりファクタリング会社から入金される「未収金」となる。
  3. ファクタリング会社から手数料が引かれた現金が入金される。差し引かれた手数料は「売上債権売却損」や「支払手数料」等の科目が使用される。

 

税務上の処理(税金影響):手数料は損金算入

売上債権売却損は、法人税上の損金に算入されます。また、ファクタリングに係る手数料は、非課税取引となるため消費税はかかりません

 

財務指標(ROA)への影響

ファクタリングを利用すると、バランスシートのスリム化を達成できますので、総資産を利用した財務指標への影響は良くなります。

 

特にROAはファクタリング手数料との兼ね合いにもなりますが、一般的に改善する方向に影響します。

 

ファクタリング詐欺会社に注意

ファクタリング会社の中には、人の弱みに付け込む悪徳会社も存在しているのが事実。何かとケチをつけて法外な手数料を要求したり、契約書に抜け道を作っておいて、ファクタリング契約をその後も継続して行うよう仕向けたりと絶対に関わりたくないですよね。

 

優良ファクタリング会社を選ぶためには以下の点を良く見るようにしましょう。

ファクタリング会社選びの確認ポイント

  1. 評判や口コミなど実際の利用者のポジティブな意見があるか
  2. 安すぎる手数料で集客していないか
  3. ホームページに住所や会社概要が記載されているか
  4. 直接会って面談する機会があるか

当サイトでは信頼できるファクタリング会社のみを厳選して紹介していますので、当サイトで紹介している会社の中から選べば悪徳会社に遭う確率はグッと減るでしょう。

 

【人気ランキング】
信頼できる評判の良いおすすめファクタリング会社5選

みんなが利用しているファクタリング会社が知りたい!という人も多いのではないでしょうか。そこで、当サイト経由で申し込みが多いファクタリング会社を人気ランキングとして紹介していきます。

 

債権買取業社人気ランキング

 

1.最短2日で現金化可能で手数料が安い「三共サービス」

・現金化スピード:最短2日 ・取扱額:50万円〜3,000万円

最短2日で現金化ができ、他と比較すると手数料の下限も安い人気のファクタリング会社です。

三共サービスについて詳しく見る

2.最短即日現金化可能な「ビートレーディング」

・現金化スピード:最短即日 ・取扱額:100万円〜3億円

最短即日、3億円までの高価買取にも対応。コンサルティング業務もしているので経営相談も可能なファクタリング会社です。

ビートレーディングについて詳しく見る

3.少額買取が可能で個人事業主も使いやすい「ファクタリング東京」

・現金化スピード:最短即日 ・取扱額:30万円〜1億円

500万円までは最短即日現金化可能。30万円からの少額買取ができるので個人事業主でも使いやすいファクタリング会社です。

ファクタリング東京について詳しく見る

4.高価買取に定評がある「JTC」

・現金化スピード:最短即日 ・取扱額:100万円〜1億円

年商7,000万円以上の中小企業限定のファクタリングサービスですが、高価買取に定評があります。条件に当てはまるのであればぜひ!

JTCについて詳しく見る

5.九州に強い!「トラストゲートウェイ」

・現金化スピード:最短即日 ・取扱額:50万円〜5,000万円

ファクタリング会社は関東近辺に集中していて使いにくいと躊躇していた九州の経営者様におすすめのファクタリング会社です。従業員数10人以下の小規模事業者に強みを持っています。

トラストゲートウェイについて詳しく見る

 

必ずしも人気ランキングが高いファクタリング会社があなたの目的に合ったファクタリング会社ではないので注意が必要ですが、ファクタリング会社を検討する際には上記の5つに絞って見積もりを取ることで時間を短縮することができますよ。

 

(補足)債権買取業社を選ぶ基準・ポイント

人気のファクタリング会社5社を紹介してきましたが、以下の基準で選んでいる人が多いようですので、参考までにご紹介しますね。

ファクタリング会社ランキングと選定ポイント

 

ファクタリング相見積もりなら資金調達プロにお任せ!

たった10秒の入力で、どれぐらいの資金が調達出来るのか?どんなファクタリング会社が自社の状況に合っているのか?必要な手数料はどのくらいなのか?なのかがわかる一括見積もりサービスです。

 

少しでも高く債権を買い取ってもらいたい!どんなファクタリング会社を利用すればいいか分からない!という経営者様に非常に役立つサービスです。

 

 

【目的別】おすすめファクタリング会社3選

ここからは、あなたのニーズに合ったファクタリング会社選びをサポートするために目的別でのおすすめファクタリング会社を紹介していきます。重視したいポイントが決まっている場合にはここから選ぶと良いでしょう。

 

買取スピードで選ぶ

少額買取金額で選ぶ

運営実績・信頼性で選ぶ

手数料の安さで選ぶ

個人事業主対応で選ぶ

上記で紹介しているファクタリング会社は当サイト管理人が調査を行い「信頼できる」「顧客重視である」と判断したファクタリング会社のみを紹介していますので、安心して利用してください。

 

「悪徳業者かな?詐欺会社じゃないよね?」という確認をいちいちするのは手間ですよね。そんな人に代わって日々最新状況を踏まえた調査を行なっていますので、この中から選んじゃえばOKです。