「ファクタリングを利用しようと思うんだけど、手数料ってどのくらい取られるの?」

「ファクタリング手数料を安くするにはどうしたらいいの?」

 

この記事ではこんなお悩みをお持ちの方のために、ファクタリング手数料の相場について詳細に説明していきます。

 

ファクタリングには6つの種類がありますが、ここでは一般的な「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」に焦点を当てて説明していきますね。

 

ファクタリングの手数料は、結論から言えば以下のようになります。

 

2社間ファクタリング 10%〜30%
3社間ファクタリング 2%〜5%

 

なぜこのようなファクタリング手数料になるのか?そしてこのファクタリング手数料を少しでも引き下げるコツについて説明していきたいと思います。

時間的な余裕が少なく、事業資金を今すぐ調達したい、売上債権をどのくらいの金額で買い取ってもらえるか一刻も早く知りたいという経営者様には、たった10秒で簡単に無料診断できるサービスを紹介しています。無料診断後、資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください。

 

ファクタリング手数料の構成要素

ファクタリング手数料と言っても、全てがファクタリング会社へ支払うものというわけではなく、登記費用や印税等の諸経費を含んだ総額を指しています。ファクタリング手数料は概ね以下のものから構成されています。

 

着手金:ほとんどのファクタリング会社が0円

ファクタリングを利用する際に着手金がかかると思っている経営者様は多いのですが、実は着手金はほとんどのファクタリング会社で0円となっています。

 

税理士などを通してファクタリング会社へ依頼した場合には、税理士へ紹介料という形で着手金の性格のものを払うことはありますが、直接ファクタリング会社へ着手金を払うことはないと思って良いでしょう。

 

もし着手金を取られるファクタリング会社があれば、悪徳会社かもしれませんので注意が必要です。

 

登記費用:5万円〜7万円

2社間ファクタリングの場合には、「債権譲渡登記」を行う必要があります。この債権譲渡登記には以下の金額がかかります。

 

  • 5,000個以下:7,500円
  • 5,000個超:15,000円

 

また、登記は通常司法書士が行う必要がありますので、司法書士に対する報酬も手数料としてかかってきます。司法書士への報酬は、4万円〜5万円程度になるのが相場です。

 

印紙税等の諸経費:0円〜20万円

ファクタリング契約書には収入印紙を貼ることが法律で義務付けられています。法律で定められた税金ですので、これはどのファクタリング会社に依頼をしても同じ金額がかかります。

 

印紙税はファクタリングの契約金額により以下のような金額になります。

 

契約金額 印紙税額
5万円未満 非課税
100万円以下 200円
100万円を超え200万円以下 400円
200万円を超え300万円以下 600円
300万円を超え500万円以下 1千円
500万円を超え1千万円以下 2千円
1千万円を超え2千万円以下 4千円
2千万円を超え3千万円以下 6千円
3千万円を超え5千万円以下 1万円
5千万円を超え1億円以下 2万円
1億円を超え2億円以下 4万円
2億円を超え3億円以下 6万円
3億円を超え5億円以下 10万円
5億円を超え10億円以下 15万円
10億円を超えるもの 20万円

 

印紙税をファクタリング会社が負担!と謳っているところもありますが、結局ファクタリング会社が得る手数料に乗ってきますので、あまり意味がありません。騙されないように注意しましょう。

 

ファクタリング会社の利益:売掛金の○%

ここまで紹介してきた費用は、法律等で定められた必要経費ですが、一番大きいのが、ファクタリング会社の取り分となる手数料です。

 

これは売掛金の○%として計算されることが多く、このパーセンテージ次第でファクタリング手数料が大きく変わってきます。

 

以下で紹介していきますが、このファクタリング会社の取り分となる手数料は、4つの要因により決まります。

 

ファクタリング会社利益の決定要因

それではファクタリング会社手数料4つの決定要因について説明していきます。基本的には、ファクタリング会社が取るリスクの大きさに応じてファクタリング会社への手数料も大きくなっていくと考えておきましょう。

 

売掛先の信用力

ファクタリングを売掛金を譲渡するものであり、譲渡した後に売掛先が倒産した場合、回収できないリスクはファクタリング会社が受け入れることになります。

 

そのため、売掛金の信用力が低いとその分リスクも大きくなりますから、手数料も当然高くなります

 

過去の支払い実績に問題がない売掛先や、帝国データバンクなどの調査機関の格付けが良い売掛先は手数料が安くなる傾向があります。

 

  • 売掛先の信用力が低い→手数料は高い
  • 売掛先の信用力が高い→手数料は低い

 

売上債権の規模

ファクタリングの対象となる売上債権の金額規模も手数料を決定する一つの要因になります。100万円の売掛金であっても、1,000万円の売掛金であっても、基本的にファクタリング会社がやることは変わりません。

 

100万円の売掛金を引き受けるよりは1,000万円の売掛金を引き受けた方が、ファクタリング手数料を引き下げてもファクタリング会社としては、たくさんの利益を手元に残すことができるので、手数料は安くなります

 

ただ注意が必要なのが、ファクタリング金額が大きければ大きいほど、回収不能となった時のダメージがデカイので、回収可能性に問題がある債権の場合には必ずしも金額規模が大きい方が安くはならないこともあります。

 

このあたりはファクタリング会社によっても変わってきますので、一括見積りサービスを利用して、複数のファクタリング会社の手数料を比較してみるといいでしょう。

 

  • 売掛金規模が小さい→手数料は高い
  • 売掛金規模が大きい→手数料は低い

過去利用実績の有無

ファクタリングを過去トラブルなく実行した経験があれば、ファクタリング会社からの「信頼」を得ることができるので、手数料を抑えてくれることが多いです。

 

やはりファクタリング会社としても信頼できるビジネスパートナーと取引をしたいと思っていますし、競合がいる中で、「お得意様」には少し有利な手数料でファクタリングを行ってくれます。

 

  • はじめてファクタリングを利用→手数料は高い
  • 過去利用実績が豊富→手数料は低い

 

2社間ファクタリングか3社間ファクタリングか

2社間ファクタリングか3社間ファクタリングによって、ファクタリング手数料は大きく変わってきます

 

2社間ファクタリングは売掛先に通知せずファクタリング会社と資金調達企業間で債権譲渡と代金の支払いを行うものです。売掛先は一度資金調達企業の口座に支払いを行い、そこから資金調達企業がファクタリング会社の口座に支払いを行うという仕組みです。

 

ファクタリング会社にとって、この仕組みは以下のようなリスクがあるため、手数料が高くなるのです。

 

対象債権の使い込み

ファクタリング利用会社が売掛先から回収した代金をファクタリング会社に送金するのではなく、使い込んでしまうということが考えられます。

 

特にファクタリングを利用する会社は自転車操業に陥っていることも多く、このリスクはファクタリング会社が一番懸念しているところです。

 

持ち逃げ

回収した売掛金の使い込みと似ているのですが、売掛金を回収した後にファクタリング会社と連絡が取れなくなる、いわゆる持ち逃げをする可能性もあります。

 

債権の二重譲渡

ファクタリングして、所有権が移っている債権をあたかもまだ保有しているかのように、さらに違うファクタリング会社と同じ債権に対してファクタリング契約を結ぶという二重譲渡のリスクがあります。

 

このリスクを回避するために債権譲渡登記を行うこともあります。

 

  • 2社間ファクタリングを利用→手数料は高い
  • 3社間ファクタリングを利用→手数料は低い

 

ファクタリング手数料を安くするための方法

じゃあファクタリング手数料を少しでも安くするためにはどうしたらいいの?という疑問が湧くと思いますので、ファクタリング手数料を低く抑えるための方法を3つ紹介したいと思います。

 

支払い実績が安定している売掛金を対象にする

まずは支払い実績が安定している売掛金を対象としてファクタリング契約を結ぶということです。本質的な話をすれば、ファクタリング会社が興味があるのは、「売掛金が回収できるかどうか」という1点です。

 

「絶対に回収できますよ。だって今までもスケジュール通りに回収してきてますし、ほら!」と過去の入金に問題がないことを誰の目から見ても明らかな債権を対象とすることで、手数料を安くすることができます。

 

ファクタリングの利用実績を積み重ねる

これは複数回ファクタリングを使わないといけないので、自然とそうなるという話なんですが、色々な資金調達手段がある中で、ファクタリングをたくさん利用していればその分手数料も安くなります。

 

なので、どの資金調達方法にしようか迷った場合にはファクタリングに資金調達方法を集中させることで、どんどん調達コストを引き下げることができます。

 

手数料が安い優良ファクタリング会社を選ぶ

これが一番簡単な方法なんですがファクタリング会社によって手数料は違います。各ファクタリング会社ごとに得意な業界や独自の審査方法がありますので、同じ債権であっても選ぶファクタリング会社によって手数料は大きく変わることがあります。

 

手数料が安い優良ファクタリング会社はこちら

とは言え、いちいち選んでいる時間はないよ!という場合には、全体的に手数料が安いファクタリング会社にお願いすれば、そこまで不利な手数料を取られる心配はありません。

関連記事【厳選】手数料の安さで選ぶ!おすすめファクタリング会社を紹介

 

ファクタリング会社の見積もりを複数取るのが基本

ファクタリング会社により手数料は変わってくるので、複数のファクタリング会社に見積りを依頼して安くて信頼できそうなファクタリング会社にお願いをするのが基本です。

 

極論を言えば「すべてのファクタリング会社に見積りをとって、一番安い手数料を提示したところを選ぶ」というのが手数料を抑える最良の方法です。

 

ですが、そんなことは現実的ではありませんね。なので、オススメなのが一括見積りサービスを利用すること。10秒の入力で1000社以上のファクタリング会社から自分にあったファクタリング会社を見つけることができますよ!

 

この記事のまとめ

この記事のおさらいとして内容をまとめておきます。

まとめ

  1. ファクタリング手数料を構成するもの
    ・着手金:ほとんど0円
    ・登記費用:5万円〜7万円
    ・印紙税等諸経費:0円〜20万円
    ・ファクタリング会社の利益:売掛金審査による
  2. ファクタリング会社手数料の決定要因
    ・売掛先の信用力
    ・売掛金の規模
    ・過去利用実績の有無
    ・二社間か三社間か
  3. ファクタリング会社手数料を抑える方法
    ・支払い実績が安定している売掛金を対象にする
    ・ファクタリングの利用実績を積み重ねる
    ・手数料が安い優良ファクタリング会社を選ぶ

この記事では、ファクタリングに必要となる手数料の相場と手数料を安くする方法について説明しました。

 

手数料を安くする一番のポイントは、複数のファクタリング会社の見積りを取るということ。

 

特に二社間ファクタリングの場合には、バカにならない手数料を取られるわけですから、少しでも安い手数料を提示するファクタリング会社にお願いするようにしましょう。

ファクタリング会社選びに迷ったら・・・

当サイトでは、貴社の状況に最適なファクタリング会社を見つけることが可能な無料診断サービスをご紹介しています。

たった10秒の簡単な入力でどれぐらいの資金が調達出来るのか?どんなファクタリング会社が最適なのか?必要な手数料はどのくらいなのか?がすぐにわかるとても便利なサービスです。資金繰り解消の為のファクタリング会社探しにご利用ください。

注意資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかって参りますので、資金調達の件をご相談をください。